佐賀の夜景に花が咲き乱れる『光るアート県庁「SAGA」』

佐賀県と共同で行っている、県庁を光のアート空間にするブランディングプロジェクト『光るアート県庁「SAGA」』にて、国際的に高い評価と注目を集める佐賀県出身のアーティスト 池田学氏の最新作『誕生』とコラボレーションし、佐賀県庁展望ホールにて春の訪れを感じられる夜景体験『SAGA Night of Light by NAKED —Manabu Ikeda×NAKED Edition—』を、2017年 3月31日(金)まで期間限定で開催します。

photo170213

2016年7月から佐賀県庁展望ホールで『光るアート県庁「SAGA」』の一環として開催されている『SAGA Night of Light by NAKED』において、佐賀県出身のアーティスト 池田学氏の最新作『誕生』とコラボレーションし、佐賀県庁 展望ホールから望む夜景に花が咲き乱れ、春の訪れが体験できる光のアートを創っています。今回コラボレーションしている『誕生』は、わずか1mmにも満たないペンの線から壮大な世界を描き出すアーティストである池田氏が、3年の月日をかけて描いた最新作。NAKEDとのコラボレーションにより『誕生』で描かれている花々が佐賀の夜景に咲き乱れ、春の訪れを感じられる新しい観光スポットを佐賀県庁展望ホールにつくっています。
<佐賀出身アーティスト 池田学氏よりコメント>
『普段白い紙に描かれる絵が、黒い夜空をキャンバスにして形を変え、動き、そして佐賀の夜景とコラボレーションする様は見ていて新鮮で、新しいイメージをもらいました!』

<佐賀県庁展望ホール『光るアート県庁「SAGA」』に関するリリースはこちら>
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000008210.html http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000170.000008210.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000223.000008210.html

【イベント詳細】
佐賀リリース
・イベント名称:SAGA Night of Light by NAKED – Manabu Ikeda×NAKED Edition-
・会場:佐賀県庁展望ホール
・期間:2017年2月14日(水)〜3月31日(火)
・料金:入場無料
・主催:佐賀県
・企画:演出・制作:株式会社ネイキッド
・協力:ミズマアートギャラリー

 

<池田学氏について>
佐賀リリース2

ポートレート撮影 : photo by Clayton Adams
池田学/MANABU IKEDA
1973年佐賀県多久市生まれ。98年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。卒業制作にて紙に丸ペンを使用した独自の細密技法を確立。2000年同大学院修士課程を修了。2011年より文化庁芸術家在外研修員としてカナダ、バンクーバーに滞在。2013年よりアメリカ、ウィスコンシン州マディソンにあるチェゼン美術館の招聘を受け、滞在制作を行う。圧倒的な細密さと共に、ユニークな感性と創造力溢れる作風で国内外を問わず高い評価を得ている。2014年公益信託タカシマヤ文化基金・第25回(平成26年度)タカシマヤ美術賞を受賞。近年の主な展覧会に「Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab」(2014年、ジャパンソサエティギャラリー、ニューヨーク)、「ドマーニ・明日展2013」(2013年、国立新美術館、東京)など。佐賀県立美術館にて初の大規模個展「池田学展 The Penー凝縮の宇宙」を3月20日まで開催中(その後、金沢、東京を巡回)

問い合わせ先:ミヅマアートギャラリー http://mizuma-art.co.jp/

OTHER NEWS

NEWS一覧へ