六本木に富士山が出現!ネイキッドが手がける 「JAPAN,THE BEAUTIFUL」

  • 広大な芝生広場に登場する富士山を彩るプロジェクションマッピングと照明演出

東京ミッドタウン10周年を記念して、「JAPAN, THE BEAUTIFUL」をテーマに、日本が世界に誇るシンボル“富士山”のモニュメント「江戸富士(EDO-FUJI)」が広大な芝生広場に登場。同モニュメント制作はプラントハンター西畠清順氏(そら植物園代表)が手がけます。

 

「江戸富士(EDO-FUJI)」は”日本の自然の美”と”日本の文化の美”、現在と過去、未来が混ざり合う、交差点のような役割を担っています。この「江戸富士(EDO-FUJI)」のインスタレーションに、“併せ持つ”という意味を持った「和える」という語源と江戸富士(EDO-FUJI)に出“会える”を元に「aeru」というタイトルをつけました。

 

aeruは、この高さ約 6m、幅約 23mのスケールで表現する巨大な富士山のモニュメントにプロジェクションマッピングと照明で表現する大規模なインスタレーションです。LEDによる照明演出で表現される富士後光や逆さ富士は、本物の富士山とは一味違った富士山に出会うことができる日本の美しさを表現する巨大インスタレーションです。

 

<演出概要>
Scene1:富士山の誕生
雲海の中から太陽が徐々に見えてきます。大きな雲が晴れると、後光を受けながら、富士山がその雄大な姿を現します。
2

Scene2:富士山の四季
全貌を表した富士山に四季が訪れます。春には桜、秋に は紅葉が舞い、美しい光景が一面に広がります。
MID_spring_0301 2

Scene3:東京ミッドタウンと富士山の出会い
富士山の麓に東京ミッドタウンが登場します。街から光の粒子が放たれ、富士山が放つ光の粒子と融合していきます。
aeru_scene3_0302

Scene4:日本の美を和え、四季を巡る
「日本文化の美」を表しながら、四季のうつろいと共 に富士山の姿が次々と変化し、クライマックスへと繋がります。
aeru_scene4_0302

 

イベント名称:江戸富士(EDO-FUJI)

場所:東京ミッドタウン・ガーデン 芝生広場

会期:3月17日(金)〜5月28日(日)
11:00~21:00

 

<ネイキッドによるプロジェクションマッピング演出>
3月17日(金)〜4月16日(日)
18:00〜21:00

映像演出時間:毎時00分、10分、20分、30分、40分、50分
※ 各回4分
※ 上記以外の時間はライトアップを実施

入場料: 無料

主催:東京ミッドタウン

演出:NAKED Inc.

協力:
アークベル株式会社
カラーキネティクス・ジャパン株式会社

機材協力:
株式会社ファインリンクス
セカンドステージ株式会社

技術協力:
キスソニックス株式会社

OTHER NEWS

NEWS一覧へ