360°に打ち上がるデジタル花火とドルフィンパフォーマンスがコラボレーション!


メインはイベントのシンボルとして進化し続けるドルフィンパフォーマンスのナイト公演

イルカたちが躍動する舞台は、[ウォーターカーテン]と約160メートルの周壁へのマッピング投影、さらに、今春4月に新設したばかりの音響システム[12.1chデジタルマトリックスサウンド]や[照明機材][スモークマシーン]によって創り出されます。“音と連動したマッピングの花火が、お客さまの目の前はもちろん、座席の後ろ、さらに円形の会場を一周するように打ち上がる”臨場感あふれる空間が実現。

<見る>だけに留まらない、世界観に入り込んで<体感する>“新感覚”のパフォーマンスをお届けします。

また、水槽エリアでも、様々なデジタルの花火や和モダンのアートワークと、イベントのイメージに合わせて展示する金魚などの色鮮やかな魚たちが融合し、館内全体が涼しげで情緒ある夏らしい空間となります。

 

アクアパーク品川は“日本の玄関口”品川エリアに位置する「都市型水族館」として、国内外から訪れる多くの方にお楽しみいただくべく、季節の移ろいに合わせた可変的なイベントを仕掛け、海の魅力をお伝えしています。

今回は、日本の夏の風物詩として愛される「花火」をテーマに、“古き良き美しい文化”と、それをデジタルで表現することで際立つ“新しさ”や“アート”としての側面を「海の世界」と融合。今夏、アクアパークならではの、特別な体感型エンターテインメントを提案します!

OTHER NEWS

NEWS一覧へ