アートと街を育てる-エリアマネジメントとアートの連携』をテーマにしたシンポジウム Art City Forum第二回を開催

“東京”をテーマにした体験型アート展「TOKYO ART CITY by NAKED」(主催:TOKYO ART CITY by NAKED 実行委員会)の企画・制作をする株式会社ネイキッドの代表の村松亮太郎は、8月25日(金)に開催する『アートと街を育てるーエリアマネジメントとアートの連携』に登壇いたします。

都市開発・アート・エリアマネジメント・まちづくりに関わる企業・機関と融合し街とアートの融合するシティドレッシングの可能性を探る「Art City Forum」では、今回、全国エリアマネジメントネットワーク会長小林重敬氏や、公益財団法人アーツカウンシル東京の三好氏、大丸有エリアマネジメント協会事務局長藤井氏を招き、まちづくりの新たな可能性をテーマに議論を深めていきます。

 

  •  Art City Forumについて

『Art City Forum』は、昨年2016年12月に渋谷区長の長谷部氏やアンスティチュ・フランセ日本文化参事官の登壇のもと渋谷にて開催し、今回は第二回目の開催となります。
2020年に向け、東京の魅力が世界から注目される今、いかに都市を集う人とともにその機運を高揚させ、以降に続く新たな街の魅力と賑わい(レガシー)をつくるまたとない機会となっております。第一回目は、東京という都市を今の時代にふさわしい姿で飾り、人々とともにアメニティをつくる「シティドレッシング」による、新たな魅力の創造(=ART CITY)をテーマに、共創を通じて「都市(まち)をつくる」ことから「都市(まち)を物語る」ことまで、討議を行いました。

第2回目の本年は「街を育てる」をキーワードに、まちづくりとアートの関係を探ります。近年、注目の高まるエリアマネジメントとアートプロジェクトの連携の可能性について、みなさまとともに未来に向けた可能性を議論してゆきたいと思います。

今回は、日本でこれまでエリアマネジメント活動をリードしてきた大丸有エリアマネジメント協会と共催し、都心のハード・ソフトの両側面から、街とアートの可能性について、デベロッバー・プロデューサー・アーティスト・行政の立場など、市民・行政・企業の垣根を超えて議論を深めます。

 

  • 第2回 Art City Forum開催概要

名 称:第2回 Art City Forum 「アートと街を育てる-エリアマネジメントとアートの連携」
日 時:8月25日(金)15時30分~18時30分(受付開始15時~)
会 場:新丸ビル コンファレンススクエア 901(千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9F)
主 催:Art City Forum事務局
共 催:NPO法人大丸有エリアマネジメント協会
参加方法:本フォーラムは招待制となります。一般受付は行っておりません。
取材を希望される方は、事務局にお問い合わせください。

 

  • タイムスケジュール

15時00分       受付開始・開場
15時30分       オープニング、「Art City Forum」概要紹介(モデレーター:今村 有策)

第1セッション
15時40分      基調講演 1:「エリアマネジメントとアートの連携の可能性」
登壇:全国エリアマネジメントネットワーク 会長 小林 重敬
16時00分    基調講演 2:「“東京“におけるシティドレッシング」
登壇:ネイキッド代表、アーティスト 村松 亮太郎

第2セッション
16時20分      「まちとアートと街の関係、公共空間におけるアートができること」
登壇:公益財団法人 東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
機構長 三好 勝則

16時40分      「15周年を迎えた大丸有エリアマネジメント協会の活動」
登壇:特定非営利活動法人 大丸有エリアマネジメント協会
事務局長 藤井 宏章

第3セッション
17時00分   パネルディスカッション:エリアマネジメントとアートの連携
登壇者全員、モデレーター:今村 有策
17時50分       質疑応答
18時30分   懇親会
19時30分   イベント終了

 

  • 登壇者について

・小林 重敬(全国エリアマネジメントネットワーク会長、横浜国立大学名誉教授、森記念財団理事長、大丸有エリアマネジメント協会理事長)
これまで国土交通省等の多くの審議会に参加し政策づくりに関与、また東京の都市ビジョン、住宅マスタープラン づくり、横浜のMM21の開発、都心部まちづくり方針、横浜駅周辺地区大改造計画、大阪駅うめきた開発の まちづくり、名古屋駅前まちづくりなどに関わり、さらに地方都市の中心市街地活性化に参画。

・三好 勝則(公益財団法人アーツカウンシル東京 機構長)
自治省(現在の総務省)に入省し、国及び地方自治体において、行財政や地域政策・安心安全対策に関わる制度の立案、執行に携わる。この間に、東京都生活文化局文化振興部長、香川大学大学院地域マネジメント研究科
教授を歴任し「文化を基調とした地域再生に関する研究会」委員を務める。2012年、アーツカウンシル東京の設立に伴い現職就任。

・藤井 宏章(NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会 事務局長)
1985年、三菱地所株式会社に入社。横浜みなとみらいランドマークタワー開発計画、丸の内再開発全体計画、丸の内仲通り改修計画、丸ビル建替計画の他、丸の内エリアの環境改善・魅力向上を図る様々なソフト事業を企画・推進。

・村松 亮太郎(NAKED Inc.)
クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪芸術大学客員教授。東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、東京国立博物館特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」内『KARAKURI』演出、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、『新江ノ島水族館ナイトアクアリウム』企画・演出などを   手掛ける。

・今村有策
名古屋芸術大学特別客員教授。東京藝術大学、武蔵野美術大学非常勤講師。
PMQ(香港)インターナショナル・アドバイザー。これまでに世界文化の家(ベルリン)プログラム・アドバイザリー・ボード、テンスタ・コンストハル・アドバイザー(ストックホルム)、国連大学アドバイザーなどを国際的な文化機関のアドバイザーを歴任。2001年から2013年まで東京都の文化行政について知事に助言・進言を行う東京都参与(文化担当)。アーツカウンシル東京の創設をはじめ、東京の新たな芸術文化基盤作りに取り組む。東京オリンピック招致においては文化プログラム作成に中心的な役割を果たす。国内外の若手クリエーターの人材育成、国際文化交流、そして領域横断で実験的なプロジェクトを推進するアートセンターであるトーキョーワンダーサイトの創設に携わり、2017年まで館長を務める。

OTHER NEWS

2017.09.15

NEWS RELEASE

「VR ZONE SHINJUKU」施設演出が10/31(火)まで、映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」バージョンに

株式会社バンダイナムコエンターテインメントの、VRアクティビティを中心に最先端技術を活用したエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」で、ネイキッドが手がける外壁演出・センターコアエリアのパブリックスペースの演出が、9/13(水)〜10/31(火)の期間限定で映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」公開を記念しバージョンアップしています。

続きを見る

2017.09.11

NEWS RELEASE

日本一の星空の下で、大塚 愛 立体型プロジェクションマッピングライブ

大塚 愛×NAKED、三度目のタッグで、野外ステージ演出に挑戦「AIO PIANO -星の音楽会2017-」は、シンガーソングライター大塚 愛によるライブイベント。昨年約2,500人近い観客を動員し、好評だった本イベントに今年は演出チームとして、ネイキッドの参加が決定いたしました。

続きを見る

2017.09.06

NEWS RELEASE

『AQUARIUM by NAKED 広島』1ヶ月で11万人動員

広島市の中心地にあるNTTクレドホール(基町クレド・パセーラ11階)にて、水族館でも海でも体験できない「光の深海」を探検する最新の体験型デジタルアート展『AQUARIUM by NAKED 広島(アクアリウムバイネイキッド ヒロシマ)』を開催し、1ヶ月間で11万3千人動員しました。広島テレビ主催イベントとして期間動員数過去最高を記録し、大好評のうちに閉幕したことをご報告いたします。

続きを見る

NEWS一覧へ