伝統と革新“狂言の舞と現代のダンス”が融合2日限定パフォーマンス大盛況にて終了

株式会社ネイキッド(所在地:東京都渋谷区 代表:村松亮太郎)は、東京ドームシティ内Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)の体験型アート展『TOKYO ART CITY by NAKED』にて去る8月15日・16日、本展の渋谷スクランブル交差点エリアをステージに、狂言の舞と現代のダンスが融合する伝統と革新のパフォーミングアート『野村万蔵×SAMURIZE from EXILE TRIBE×村松亮太郎』を開催しましたことをご報告いたします。

本パフォーマンスは300年続く狂言和泉流野村万蔵家九代目当主 野村万蔵と、EXILEのリーダーHIROがプロデュースするLEDダンスパフォーマーSAMURIZE from EXILE TRIBE(以下SAMURIZE)の初のコラボレーションで、村松亮太郎が総合演出を行う『TOKYO ART CITY by NAKED』会場にて行われました。

今回は三番叟を元にした演出が行われ、中世の東京から現代の東京へ野村万蔵がタイムスリップする空間演出や、SAMURIZEから狂言の舞へ、野村万蔵から現在のLEDパフォーマンスへのアプローチが演出に取り入れられ、やがて互いに交わっていく伝統と先進が融合したステージです。

『TOKYO ART CITY by NAKED』は変わり続ける過去・現在・未来を含め、変わり続ける東京をテーマにした360°体験型のアート展です。「TOKYO ART CITY by NAKED」は、土着性がなく、様々な文化を受け入れ、カオスな状態で変化し続けている、カオティックな東京の、この街の“らしさ”を可視化したアート展です。今回実現する、野村万蔵による伝統の舞と、SAMURIZEによるLEDパフォーマンスという、異色のものが混ざり合うコラボレーションステージもまた、そんなカオティックな東京のひとつのシーンとして表現されました。

村松亮太郎は「伝統の舞と現代のダンスが融合した意味のある2日間でした。伝統と革新の一歩として、もっと進めて行きたい。」
野村万蔵氏は「初めてなことが多く、大変な稽古で、挑戦が続きました。次は世界に向けてですね。」
と本パフォーマンスについてコメント。

今回特別に制作された野村万蔵の衣装は、株式会社LDH JAPANとの共同制作で、舞に合わせてLEDが光る衣装。昔のポピュラリティそのものだった狂言の舞と、その現代版ともいえるSAMURIZE のダンスが、時代を超えて出会い、融合します。

  • 野村万蔵(のむらまんぞう)について

300年続く狂言和泉流野村万蔵家九代目当主。 一門の組織「萬( よろず ) 狂言」を率い国内外で、 公演を行う。伝統を正しく継承する一方、狂言の流儀の垣根を越える公演を立ち上げ、また、南原清隆や歴史学者の磯田道史と共に新作狂言を発表するなど他ジャンルとのコラボレーション にも数多く参加している。重要無形文化財総合指定保持者。父は人間国宝の野村萬。
HP: http://yorozukyogen.jp/

  •  SAMURIZE from EXILE TRIBE(サムライズ フロム エグザイル トライブ)について

EXILE HIROがプロデュースする実力派ダンサーによるLEDの光の演出とダンスに特化されたパフォーマンスチーム。LDH所属アーティストのイベント、コンサ ート、プロモーションビデオ、テレビ番組にバックダンサーとして多数出演。

OTHER NEWS

2017.09.15

NEWS RELEASE

「VR ZONE SHINJUKU」施設演出が10/31(火)まで、映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」バージョンに

株式会社バンダイナムコエンターテインメントの、VRアクティビティを中心に最先端技術を活用したエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」で、ネイキッドが手がける外壁演出・センターコアエリアのパブリックスペースの演出が、9/13(水)〜10/31(火)の期間限定で映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」公開を記念しバージョンアップしています。

続きを見る

2017.09.11

NEWS RELEASE

日本一の星空の下で、大塚 愛 立体型プロジェクションマッピングライブ

大塚 愛×NAKED、三度目のタッグで、野外ステージ演出に挑戦「AIO PIANO -星の音楽会2017-」は、シンガーソングライター大塚 愛によるライブイベント。昨年約2,500人近い観客を動員し、好評だった本イベントに今年は演出チームとして、ネイキッドの参加が決定いたしました。

続きを見る

2017.09.06

NEWS RELEASE

『AQUARIUM by NAKED 広島』1ヶ月で11万人動員

広島市の中心地にあるNTTクレドホール(基町クレド・パセーラ11階)にて、水族館でも海でも体験できない「光の深海」を探検する最新の体験型デジタルアート展『AQUARIUM by NAKED 広島(アクアリウムバイネイキッド ヒロシマ)』を開催し、1ヶ月間で11万3千人動員しました。広島テレビ主催イベントとして期間動員数過去最高を記録し、大好評のうちに閉幕したことをご報告いたします。

続きを見る

NEWS一覧へ