ネイキッドが生み出すAI×ART「視線で花咲くアート展」

ネイキッドは、NEC the WISE*1 (最先端AI技術群の名称)を活用した、「視線で花咲くアート展」を東京駅直結の行幸地下通路にて、2017年11月13日(月)から11月26日(日)までの期間、NEC the WISEとコラボレーションしたアート作品を展示いたします。

 

NEC the WISEの「遠隔視線推定技術」が、インタラクティブアート作品として表現される

AI(人工知能)を活用した、人の視線の向きに応じて作品そのものが変化していく体験型イベント「視線で花咲くアート展」を開催いたします。
本作品は、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」*1の一つで、カメラ*2で離れた場所から人の視線の向きをリアルタイムかつ高精度に検知できる「遠隔視線推定技術」を組み合わせることで実現しています。
作品を見ると、視線を向けた先のスクリーンでは花が生まれ育つ、蝶が飛ぶなどのさまざまな生命が誕生する様子が映像で表現されます。鑑賞者が多くなれば、それぞれの視線で生み出す生命が重なり合う世界を楽しむことができます。
本作品は、日本画をモチーフとしており、人によって異なる視線の機微を、精密で柔らかな描写で表現。視線の先で花が咲いた後、色鮮やかに生命が宿る世界のストーリーが展開されます。

新たなアートの体験を、東京駅の行幸地下通路で
本展示は、東京駅直結の行幸地下通路にて開催。東京の玄関口である場所で、日常の中で気軽にアートを鑑賞可能な文化的な活性を期待されています。

 

  • 開催概要

展示名称:視線で花咲くアート展
場 所:東京駅直結の行幸地下通路 ( 東京都千代田区 丸の内)
会 期:2017年11月13日(月)〜11月26日(日) 11:00~19:00
協力団体・企業:三菱地所株式会社、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会
演出・制作:NAKED Inc. (アートディレクター:竹内沙也香、CGディレクター:竹内耕一、テクニカルディレクター:益井優)

 

※画像「視線で花咲くアート展」はイメージです

OTHER NEWS

NEWS一覧へ