特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」の開催を記念して行われた秋のスペシャルナイト、洛中洛外図3Dプロジェクションマッピング「KARAKURI」は、10月17日の実施以降大反響を呼び、再演を希望する声が多数寄せられています。
そこで、11月の夜間開館日限定で、「KARAKURI」を25分の1スケールのミニチュア版で再演します。
11月初旬の上野公園のライトアップイベントを皮切りに、夜間開館であの感動を再び体験してください!(ただし11月2日(土)を除く)

◉開催日
11月1日(金)、3日(日・祝)、4日(月・休)、8日(金)、15日(金)、22日(金)、29日(金)
◉時間
17:00~20:00 ※11月4日(月・休)は、18:00まで
◉会場
東京国立博物館 表慶館1F
◉料金
入館料のみでご覧いただけます。
特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」は別途観覧料が必要です。
◉お問合せ
03-5777-8600(ハローダイヤル)



おかげさまを持ちまして、日本テレビ開局60年特別美術展・東京国立博物館 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」国宝、重文でつづる天下人の都/3Dプロジェクションマッピング上映が終了いたしました。

会場に足を運んでいただいた皆さまには、改めて厚く御礼を申し上げます。

このたびは、10年に一度と呼ばれる台風の影響で、大きく予定が変更となってしまいました。16日ご来展のためにチケットをご購入いただいた方には重ねてお詫び申し上げます。

今回の作品『KARAKURI Scenes in around Kyoto』は、重要文化財である『洛中洛外図屛風 舟木本』がモチーフとなりましたが、平面である屛風を、どのように立体的な空間として表現するか、村松監督始め、スタッフ一同で試行錯誤を重ねました。

3Dプロジェクションマッピングという技術を使いながらも、本質的には『洛中洛外図屛風 舟木本』の世界をどのようにストーリーとして再構築していくか。どういった情景をイメージしていくのか、が我々制作陣がチャレンジしたポイントです。少しでもご覧いただいた皆さまにその世界観が伝われば、と上映を終えて改めて感じています。

また、今回の制作現場の裏側が、10月22日の日本テレビ系『NEWS ZERO』にて放映予定です(報道番組につき、予定変更になる場合がございます)。桐谷美玲キャスターによる密着取材となっていますので、こちらもぜひご覧ください。

http://www.ntv.co.jp/zero/

そして、わたしたちNAKED Inc.は次のステップに向けて、すでにスタートを切っております。その第一弾は【2013年11月7日】に皆さまにお知らせできると思いますので、どうぞご期待ください。

また今後の活動は、村松亮太郎公式facebookページでも順次お知らせてして行きます! facebook
NEXT→11.7


<洛中洛外図舟木本とは?>

 洛中洛外図は室町時代から江戸時代にかけて描かれた風俗画で、京都の市中(洛中)と郊外(洛外)の景観を俯瞰して描いたものです。そのほとんどが屏風絵で、四季がめぐる中、京都御所をはじめ、寺社、観光名所をとりあげ、そこに暮らす人々の生活を余すところなく描いています。
 中でも舟木本(岩佐又兵衛筆 東京国立博物館蔵)は、左右の屏風を並べると7メートルほどの画面に京都の町を東から西へ連続し
  て展開し、清水寺や二条城など今も残る名所や、そこに暮らす武家、公家、僧侶や一般庶民、2728人の姿が生き生きと描かれています。
 花見帰りの浮かれた集団や酔っ払い、店先の商いや南蛮人、読経が流れる中、若い人を抱きしめる僧侶にいたるまで、人物の表情、着物の柄の一つ一つまでもが綿密に描写され、400年前の京都の熱気にあふれた姿を捉えている傑作です。
▲TOPへ

<アーティストプロフィール ~村松亮太郎/小林恵美について~>

◉村松亮太郎プロフィール   村松亮太郎   ◉小林恵美プロフィール   小林恵美
 映画監督/3Dプロジェクションマッピングディレクター/映像クリエイター。クリエイティブカンパニー NAKED Inc. 代表。
 TV/広告/MVなどジャンルを問わず活動。2006年から長編映画4作品を劇場公開。自身の作品が国際映画祭で48ノミネート&受賞中。近年は3Dプロジェクションマッピングに着目し、昨年末話題となった東京駅の3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』の演出を手掛けた。
■村松亮太郎公式HP
 アートディレクター/3Dプロジェクションマッピングディレクター/サウンドデザイナー。1997年、ネイキッド入社。
グラフィックデザイナーとして入社したのち、映画監督・村松亮太郎に師事し、映像ディレクターへと転身。TVドラマのタイトルバックを中心に活動を続け、映画/MV&CDジャケット/広告など様々な分野でアートディレクションを行う。日本有数の女性タイトルバックディレクター。
◉その他手がけた仕事やマッピングに関する情報
■東京ミチテラス2012 TOKYO HIKARI VISION ©東京ミチテラス2012実行委員会
■CX『ONE hour Sense』 村松亮太郎ゲスト出演
■CINRA.NET 映画監督 村松亮太郎 × メディアアーティスト 眞鍋大度氏の対談掲載
■映像作家100人 2013 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 2013 NAKED Inc.掲載
■MdNデザイナーズファイル2013 小林恵美掲載
■クリエーターズステーション 村松亮太郎インタビュー
▲TOPへ

<特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」概要/チケット情報>

◉特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」概要
日本テレビ開局60年特別美術展 東京国立博物館 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」
 日本テレビが開局60年を記念する特別美術展。都の賑わいと四季の景観を描く洛中洛外図の優品が一堂に会するほか、京都を象徴する3つの場所―京都御所、二条城、そして石庭で知られる龍安寺を飾った障壁画を通して、京都ならではの美の空間を体感していただきます。国宝や重要文化財からなる選りすぐりの屏風、障壁画な   どの絵画と先進の技術を駆使した映像で圧倒的なスケールで「空間」を再現。かつて紛れも無く日本人が生きた、400年前の京都のたたずまいを目にし、体感する、東京にいながらにして古の京都の時空間を旅する全く新しいコンセプトの展覧会。
◉展覧会情報
2013年10月8日(火)~12月1日(日)開館時間午前9時30分~午後5時 金曜は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
東京国立博物館 平成館
休館日:月曜日 ただし、10/14(月・祝)、11/4(月・休)は開館、10/15(火)、11/5(火)は閉館
■東京国立博物館公式ホームページ ■展覧会公式ホームページ

<特別展「京都」洛中洛外図屏風 舟木本プロジェクションマッピング STAFF>
■主催:東京国立博物館/日本テレビ放送網株式会社/読売新聞社
■Producer:今泉浩美(NTV)/三浦修
■企画制作:NAKED Inc.
■Director:村松亮太郎
■Art Director:小林恵美
■Technical Director:中村大輔
■Technical Advisor:渡辺雅也
■Motion Graphic Designer:衛藤一郎
■3DCG Designer:茶畑孝徳
■PR movie:森田雄/沼田秀樹/西村祥
■Sound Designer:小林恵美
■Sound Engineer:辻祥子/堤聖志
■Music:村上なぎさ
■3DプロジェクションマッピングPR:大屋友紀雄/前田愛/白永優美菜/原輝明
■機材:マックレイ株式会社
■設営:株式会社シミズオクト


■NAKED Inc.公式HP
■NAKED Inc. 3Dプロジェクションマッピング