NAKEDみらいそうぞうプロジェクト ー子どもたちとつくる久慈のみらいー

2011年3月11日の東日本大震災時に発生した津波の影響で久慈市にあった「久慈地下水族館もぐらんぴあ(以下、もぐらんぴあ)」は全壊し休館を余儀なくされました。「もぐらんぴあ」は1994年4月に国家石油備蓄基地の作業坑を再利用して日本で唯一の地下水族館としてオープンし、以来、震災までの17年間でのべ130万人もの来場者を迎え、観光客だけでなく子どもたちを中心に市民の憩いの場でもありました。震災以降、休館してきた「もぐらんぴあ」ですが、5年がたち、国からの補助を受けてついに復旧の目処が立ちました。2016年4月23日に再オープンし新たな一歩を踏み出しました。

再オープンにあたり、復活した「もぐらんぴあ」で、何か未来につながる取り組みが出来ないかと考えていた、久慈市を中心とした「市長くんと副市長くん製作委員会」から、ネイキッドが同じ被災地である気仙沼の気仙沼向洋高校の仮設校舎を生徒とともに制作したプロジェクションマッピングで、日本一素敵な校舎にするプロジェクトを進めているのを聞き、同じように子どもたちとなにか一緒に取り組むことができないかという相談をいただきました。

この相談を受けたネイキッドは、これからの久慈を創っていく、地元の小学生と一緒に、子どもたちの創造性を生かした3Dプロジェクションマッピングをつくり、復活した「もぐらんぴあ」に投影しようという取り組みを提案。「市長くんと副市長くん製作委員会」もこれに賛同いただき、「NAKEDみらいそうぞうプロジェクトー子どもたちとつくる久慈のみらいー」プロジェクトとして、4月23日のオープンにむけて取り組むことが決定しました。来場した方々に、子どもたちのアイディアでつくられたプロジェクションマッピングを通して、久慈の未来を感じてもらえればと思い、ネイキッドはこのプロジェクトの企画・制作協力を行いました。

久慈市立平山小学校(たいやましょうがっこう)の5年生の児童とワークショップを通して3Dプロジェクションマッピングの制作を行い、2016年4月23日にお披露目いたしました。

sub1

OTHER WORKS

2017.06.22

インタラクション

ラブライブ!スクフェス感謝祭2017の「でかスクフェス」、「部室」、「えんにち」をネイキッドが制作

今年も池袋サンシャインシティにて、スクフェス感謝祭が開催。展示や体験コーナー、ステージイベントのほか、様々なグッズの販売などもされ、同会場内でスクフェス全国大会の決勝大会も行われました。 「ラブライブ!スクールアイドルフ […]

NEWS一覧へ