佐賀県庁 アート県庁プロジェクト「夜空のタイムトラベル」

佐賀県(所在地:佐賀県佐賀市)と共同で行っている、県庁を遊べるアート空間へとプロデュースする『アート県庁プロジェクト』の一環として、2018年7月20日(金)から、佐賀の過去から未来の旅をテーマに展望ホール(SAGA360)の常設演出を手がけています。

ネイキッドは佐賀県と共同で2016年以降、第1弾「SAGA Night of Light」、第2弾「星空のすいぞくかん」など、佐賀の歴史や風物詩を取り入れたストーリーを夜景×プロジェクションマッピングで体感するイベントを開催し、県庁全体を遊べるアート空間へとプロデュースしてきました。夜の観光スポットとしての魅力を県庁に生み出し、今年度までで展望ホールの来場者数が11万人を超えるなど、佐賀の賑わい作りを行なっています。

明治維新150周年にあたる2018年度は、150年前の佐賀から現在、さらに未来まで、様々な時代の佐賀をタイムトラベルするストーリーをテーマに展望ホール(SAGA360)全体を演出します。

メインとなる佐賀の夜景が望める南側の窓面では、佐賀の県鳥・カチガラスに誘われ、現代から未来の佐賀へワープするプロジェクションマッピングのショーを楽しめます。ショーのなかでは筑後川昇開橋、海中鳥居、九年庵など、佐賀の歴史を語り継いできたシンボルも登場します。また、インタラクティブ演出を北側全面に拡大。

未来の佐賀の景色が投影される窓面に手を触れると、建物が現れるなど、佐賀の未来を描くように自分の手で街並みを作ることができます。

本プロジェクトは常設のイベントで、今後も季節ごとにテーマを変えた演出、地域の方が参加できるような企画を行なっていく予定です。

 

  • 開催概要

時間:4月〜9月  20:00〜22:00、10月〜3月 18:30〜22:00
場所:佐賀県庁展望ホール(佐賀市城内1丁目1-59) ※ JR佐賀駅 徒歩20分バス停「県庁前」徒歩1分
料金: 無料
お問い合わせ番号:佐賀県 文化・スポーツ交流局 観光課 0952-25-7386  ※土日祝日は0952-24-2111
主催:佐賀県 文化・スポーツ交流局 観光課
企画・演出:NAKED Inc.(ディレクター:山王堂史恵、テクニカルディレクター:船本賢悟、サウンドデザイナー:堤聖志、デザイナー:石川知子、CGディレクター:仲西亮)

OTHER WORKS

2018.10.01

Mapping

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳「THE HALLOWEEN HOTEL 2018」

2018年10月1日(月)〜10月31日(水)に星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳で開催するハロウィンイベント「THE HALLOWEEN HOTEL2018」にて、夜のベリーニタワーやピーマン通りを舞台に行うプロジェクションマッピング・ライティング・音楽・キャストによるハロウィンショーの企画・演出・制作を手掛けました。

NEWS一覧へ